和室・京壁の塗り替え|珪藻土・京壁の塗り替えリフォーム|東京都福生市

有限会社須崎工業のその他の壁リフォーム:和室・京壁の塗り替え

落ち着いた雰囲気を出すなら京壁を

落ち着いた雰囲気を出すなら京壁を

和室は落ち着いた和の雰囲気を出すため、塗り壁が用いられることが大半です。
特に京壁(塗り壁の1つ)はデザイン性にも優れているので、「純和風」だけでなく、最近流行の「和モダン」のお部屋との相性も抜群です。


和室 塗り替え施行手順

養生

〇床・建具・家具などをビニールで養生します。

下地調整

〇耐水性がなく、こすって粉が落ちるような場合は、剥離材を塗り、へらで除去します。
〇耐水性があってしっかりしている壁で、汚れやシミ、カビなどがある場合は、あく止め材や シーラーを塗ります。

仕上げ

〇京壁や珪藻壁など、お好みの壁で仕上げます。

塗り壁の種類

漆喰(しっくい)

漆喰とは、消石灰に砂とノリなどを混ぜ合わせて作った日本由来の塗り壁です。
城や土蔵などの仕上げに用いられていました。現在では、押し入れの壁に使われることもあります。
耐久性や耐火性、調湿性に優れているのが特徴です。

ブラスター

鉱物質の粉末と水を練り合わせて作られた塗り壁です。
石膏を主原料とした「石膏ブラスター」と、白雲母を焼き水和熟成させた「ドロマイトブラスター」の2種類があります。
石膏ブラスターの特徴は仕上がりが美しいということ、ドロマイトブラスターの特徴は作業性に優れていることです。

京壁
京壁

日本建築の伝統的な塗り壁の1つで、土を用いて作られる左官仕上げのものを総称して「京壁」と呼びます。
使用することで落ち着いた“和”を演出できることから、数奇屋建築や茶室の壁に用いられることが多いです。
上に塗る土の種類によって、「じゅらく壁」「錆砂壁」「大津壁」などと呼ぶこともあります。


繊維壁

紙繊維や化学繊維、パルプなどをノリで混ぜ、水で練り上げて作られたものを「繊維壁」と言います。
吸音性や調湿性、作業性に優れていますが、耐久性に劣っています。近年ではあまり見ない塗り壁です。

このように塗り壁にも様々な種類がありますが、お勧めはやはり「京壁」です。
落ち着いた雰囲気を演出できることはもちろん、インテリアなどの味付け次第では見せる表情が千変万化!
また壁材に珪藻土を使用することもできるので、京壁が持つデザイン性と珪藻土が持つ実用性(調湿効果・保温効果・消臭効果・耐火性など)を組み合わせることも可能です。

弊社「須崎工業」では、和室の塗り替えも行っております。
「この機会に京壁にしようかな」と考えの方がいらっしゃいましたら、ぜひご連絡ください。皆様のご要望にお応えできるよう、尽力いたします。

施工事例

施工前
施工前
古壁 剥離
古壁 剥離
京壁仕上げ
京壁仕上げ

珪藻土リフォームに関するお問い合わせはこちら

ページトップへ